寒いとAEDは使えない!?氷点下の環境にAEDを設置することはできるのか

AEDは日本中のあらゆるところに設置してありますが、AEDにも弱点があります。
それは「寒さ」です。
AEDの説明書には使用環境条件として使用可能な温度帯が明記されています。
そして多くのAEDは「0℃以上」が使用環境とされ氷点下での動作が保証されていません。
過去に、自宅で倒れた男性に対して氷点下の環境で救急隊員がAEDを使用しようとしたものの動作せず男性が亡くなってしまったことがありました。
寒い地域では心臓に負担がかかりやすいので、AEDの必要性は高まる一方で必要な時に使用できないと困りますよね。
しかし、氷点下の環境でも事前の準備があればAEDを使うことができます。

氷点下環境での対策

氷点下環境での対策は「温めておく」ことです。
AEDが氷点下になると動作しなくなるのは、電子部品、特にバッテリーが動作不良を起こしてしまうことが原因です。
さらに、電極パッドのジェルが凍り付いてしまうことで身体に貼りつかなくなってしまうこともあります。

ところがNHKが行った実験によると、

今回、NHKでは3通りの実験を行い、寒さに弱いAEDの確認と、寒さの中でも使える可能性を探りました。

実験結果です。
(※いずれもメーカーが正常な動作を保証する範囲外での環境下で行っています)

①氷点下20℃に1時間を超えて放置するとどんな不具合が出るか
・バッテリーが少ないという表示が出ました。
・バッテリーがないので交換しないと使えないという音声案内が流れました。
・AED内部の温度センサーが働いて「使えない」という表示が出ました。
・AEDの音声案内が不要なのに止められなくなりました。

②常温で保管していたAEDは、氷点下10℃で使えるか
・ 5分後、すべて作動しました。
・10分後、すべて作動しました。
・15分後、すべて作動しました。
・30分後、すべて作動しました。

③常温で保管していたAEDは、氷点下20℃で使えるか
・ 5分後、すべて作動しました。
・10分後、すべて作動しました。

寒さに弱いAED 氷点下で命を救うには | 健康 | NHK生活情報ブログ:NHK <http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/205826.html>

そのためAEDは普段暖かい場所に保管しておく必要があります。

どうやって温めるか

暖房器具で温めておく方法もありますが、おすすめなのはヒーター機能付きケースに保管することです。
周囲の環境に左右されないので、どこにでも設置できるメリットがあります。
さらにケースの扉を開けるとアラームが鳴り、周りの人に緊急事態が発生したことを伝えたり、いたずらを防止したりといった機能もあります。

必要な時に必ずAEDが使えるように適切な保管方法を考えることが重要です。

インターネット通販に特化した格安高品質のAED販売店が登場

AEDは、いざというときに命に直結する医療機器ですので販売するには高度管理医療機器等販売業という資格が必要となります。そのため、医療器具の販売代理店などが扱うことが多く割高になってしまいがちです。そんな中で、インターネット&電話通販に特化することでマージンを減らしてかなり安く提供する販売店のAED販売.comという会社が登場しています。この会社は、高度管理医療機器等販売業の資格をとるだけでなく、スタッフ全員(デザイナーも含めて!)が上級救命講習を修了することでネットや電話越しでも細かく対応できる態勢を整えているということでサポートでも差別化していこうとしているそうです。

設置の仕方などのアドバイスだけでなく、市町村などへの補助金の相談の仕方など含めて親切に相談に乗ってくれる販売店ですので、見積もりがてら問い合わせてみるのがオススメです。具体的な金額は書けませんが、まず他社に負けない見積りが出てきます。補助金や助成金を申請する場合にはいずれにせよ複数社に見積もりを取る「相見積もり」が必要となるケースが多いですので問い合わせてみることをオススメします。