居酒屋・レストラン・飲食店のAED設置事例と導入にあたっての金額&相場

この記事では、居酒屋・レストランなどの飲食店におけるAEDの実際の導入事例のニュースや、実際にAEDがあって助かった救命事例などを紹介しています。また、居酒屋・レストランなどの飲食店にAEDを導入するにあたっての相場も紹介しています。

 ガイドラインが推奨するAED設置場所

自動体外式除細動器(AED)の適正配置に関するガイドラインに「AEDの設置が推奨される施設の具体例」として以下の施設が挙げられています。

1. 駅・空港
2. 旅客機、長距離列車・長距離旅客船等の長距離輸送機関
3. スポーツジム及びスポーツ関連施設
4. デパート・スーパー・飲食店などを含む大規模な商業施設
5. 多数集客施設
6. 市役所、公民館、市民会館等の比較的規模の大きな公共機関
7. 交番、消防署等の人口密集地域にある公共施設
8. 高齢者のための介護・福祉施設
9. 学校(小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校等)
10. 会社、工場、作業場
11. 遊興施設
12. 大規模なホテル・コンベンション
13. その他
13-1. 一次救命処置の効果的実施が求められるサービス
13-2. 島しょ部および山間部などの遠隔地・過疎地、山岳地域など、
救急隊や医療の提供までに時間を要する場所

このうち、「4. デパート・スーパー・飲食店などを含む大規模な商業施設」「11. 遊興施設」が飲食店と関係があるAEDの推奨設置場所ですので、通常の飲食店は特に対象とはなっていません。しかし、お酒を飲む場である居酒屋やキャバレーには、万一に備えてAEDを設置する店舗も多くなってきています。お客様に安心してお酒を飲んでもらうための取り組みとしてメディアで取り上げられるきっかけになることもありますので、AEDの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ここからは、実際に居酒屋・レストランなどの飲食店にAEDが設置された事例や救命事例を紹介していきます。

居酒屋・レストランなどの飲食店に対するAED設置・導入事例

 

居酒屋・レストランなどの飲食店でのAEDによる救命事例

居酒屋で心肺停止、救命 看護師ら表彰 : アラカルトニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

居酒屋で飲食中に、近くの席の男性(50歳代)が倒れ、心肺停止状態に陥った。片山さんと永田さんが心臓マッサージや気道確保を行い、泉田さんはパチンコ店から借りた自動体外式除細動器(AED)を使って救命措置を施した。

AED導入の金額感と機器選び

AEDは、導入に20~30万円近くかかります。AEDは導入時に書記コストがかかるだけでなく、消耗品(胸に直接当たる「パッド」や、機器を動かすためのバッテリー)を定期的に交換しなくてはならないためランニングコストがかかります。5~7年間の交換用パーツだけでも、数万円~15万円と機器によって差があります。そのため比較をする際には、5年や7年といった期間でのトータルコストで比較することが必要です。

また、子どもが多く集まる施設であれば、子どもに対応した機器やオプションを導入する必要があります。スイッチで切り替えられる機器もあれば、子ども用に別売りのオプション品が必要となる機器もあります。設置場所や用途に応じて最適な機器が異なりますので、複数の販売店にこれらの条件を伝えたうえで見積もりをとることが肝要です。

インターネット通販に特化した格安高品質のAED販売店が登場

AEDは、いざというときに命に直結する医療機器ですので販売するには高度管理医療機器等販売業という資格が必要となります。そのため、医療器具の販売代理店などが扱うことが多く割高になってしまいがちです。そんな中で、インターネット&電話通販に特化することでマージンを減らしてかなり安く提供する販売店のAED販売.comという会社が登場しています。この会社は、高度管理医療機器等販売業の資格をとるだけでなく、スタッフ全員(デザイナーも含めて!)が上級救命講習を修了することでネットや電話越しでも細かく対応できる態勢を整えているということでサポートでも差別化していこうとしているそうです。

設置の仕方などのアドバイスだけでなく、市町村などへの補助金の相談の仕方など含めて親切に相談に乗ってくれる販売店ですので、見積もりがてら問い合わせてみるのがオススメです。具体的な金額は書けませんが、まず他社に負けない見積りが出てきます。補助金や助成金を申請する場合にはいずれにせよ複数社に見積もりを取る「相見積もり」が必要となるケースが多いですので問い合わせてみることをオススメします。